5.出発までの歩み

1999年3月3日 ハガキにて資料請求
1999年3月8日 資料到着
1999年4月11日 春期説明会(東京会場:虎ノ門発明会館)に出席
1999年4月12日 選考試験申込書提出(郵送)・選考料12,000円振込み
1999年5月16日 選考試験(東京会場:広尾のNTT麻布セミナーハウス)
1999年5月26日 合格通知到着
1999年6月9日 参加申し込み書提出・参加申込金105,000円振込み
インターン登録完了
1999年9月2、4日  IIP主催の有料カルチャー講座を受講 (トリックカードの作り方1,500円、手遊び歌遊び1,500円、 そろばんの教え方4,000円位、でもこれらの講座は全て 英語圏向け)
1999年10月22日 電話にて国調整テレフォンインタビューを受ける (希望研修国、内容、登録プロフィール等の確認:日本語)
1999年12月3日 電話にて語学テレフォンインタビュー(IIPのスペイン人スタッフに よるインタビュー、語学力や志望動機等の確認:スペイン語)
2000年1月10日 マドリードの高校に交渉中との研修校手配進捗状況通知を 受け取る
2000年1月18日 Citibank口座開設
2000年2月4日 マドリードの高校I.E.S. Isabel La Cato’licaからの 招致状を受け取る
研修先決定
2000年2月5日 春出発予定者の事前研修 (東京会場:広尾のNTT麻布セミナーハウス)
2000年2月14日 留学ビザ申請のためCitibankで英文残高証明書作成依頼
2000年2月21日 病院で健康診断(IIPへ提出する健康診断書作成のため)
2000年2月25日 保健所にて健康診断(ビザ申請時に大使館へ提出する診断書 作成のため。前述の病院ではできなかった)
2000年2月29日 東京のスペイン大使館で留学ビザ申請
研修校からの書類内容(期間の表記)に問題があり 仮預かりとなる IIP事務所を通じて研修校に新しい書類作成を依頼
2000年3月13日 大使館よりTEL、IIP経由で提出された2度目の書類が 領事判断で却下され、再度研修校に書類作り直しを依頼 (「日本についての授業を行う」という表記方法が留学ビザに 適していないので変更しろという。出発日に間に合うのか?)
2000年3月13日 IIPへプログラム代金と保険料振込み (合わせて811,400円ナリ)
2000年3月16日 研修校から届いた3度目の書類のFaxをIIP経由で 大使館へ提出
2000年3月17日 大使館より「ビザ不認可」という手紙 (非常にあせったが、2度目の書類却下時の手紙が 入れ違いでこの日に届いただけだった。)
2000年3月22日 IIPよりTel、3度目の書類のオリジナルが派遣校から届き 大使館に転送したので近日中にビザが出るだろうとのこと。 教材(ダンボール2箱)をSAL便にて送付
2000年3月23日 JTBより、IIP経由で申し込んでいた航空券手配完了の連絡
2000年3月24日 大使館よりTel、ついにビザが認可
2000年3月27日 大使館でビザ受け取り
JTBに航空券代金振込み(シンガポール経由1年オープンで 諸空港税含み184,140円ナリ) 教材(書籍類)をSAL便で送付
2000年3月29日 衣類をEMSで送付(これでとりあえず郵送完了)
2000年4月7日 マドリードに向けて出発
2000年4月8日 マドリード、バラハス空港に到着

目 次
インターンシップでのスペイン滞在
1. なぜインターンシップ?
2. インターンシップの概要
3. 語学留学との違いは?
4. 気になる費用は? (費用概算
5. 出発までの歩み
6. 教案・教材準備 (教材集め
7. 実際の授業例


トップに戻る  

 

 

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2017@Spain all rights reserved.