Carmenのスペイン語こぼれ話

4.  スペイン語のテキスト

   

  スペイン語の自習用テキストで何かおすすめのものはないですかと聞かれることがある。 実は私にとっては案外返事に困る質問なのだ。 練習問題と解答付きの市販のテキストで、あなたがこれはと思うものを買えばどうですか、と答えることが多い。 具体的な書名を出さないことが多いのは、近年スペイン語の学習書も種類が増えてきて、これが決定版だと断言しにくくなる一方だからということもあるが、結局、語学の上達はテキストの中身より本人の学習意欲に関わっている問題だと確信しているからだ。

  日本人向けに書かれたスペイン語の初級文法のテキストは、アルファベットに始まり接続法や命令形で説明が終わるものがほとんどだ。 テキストによって導入の順序が違ったり、説明を省かれる時制や構文があったりするが、どのテキストを選んでも、突拍子もない説明がされることは普通はないはず。 だから品揃えのある大型書店に行けば、たいてい少なくとも数冊はその種のテキストが置いてあるので、立ち読みしてその中から自分が何かしら気に入ったものを一冊選んでみればいいのだ。 色分けしてあって見やすいとか、コラムがおもしろいとか、CDやMDが付録でついてるのでお買い得、なんてふうに。

  もし誰かに特定のテキストを推薦され、本屋に買いに行ったけどあいにく品切れだったらどうするか。 注文する? その本を手にするまで数日、数週間がたってしまうかもしれない。 でも、語学(だけではないけど)の勉強って、自分がやる気に燃えているときにエンジンかけるべきだと思う。 いや、そうは言ってもやはり自分の選択に自信が持てない、もし選んだテキストが何か不足していると感じたら困るというあなたへ。

  テキストたった一冊でスペイン語のすべてがわかるはずがないのですよ。 不足だと思えば、自分が知りたいことがより詳しく説明されている別のテキストを買えばすむこと。 語学習得のためにン十万円もかける必要はないと思うけど、あまりお金をケチるのも考えもの。

  いや、ケチるのも悪くないかもね。 要するにその本一冊を徹底的に使いまくる。 単語も動詞の活用も構文も暗記し、練習問題は何度も繰り返し解いて、しまいにはどの問題でも正解がすらすらと書けるようにする。 これをやり通すことができたら、あなたは確実にスペイン語初級者レベルを卒業できること請け合い。 ちなみにこれ、私の勉強のスタイルだ。 英語もスペイン語も初級文法はこれで片づけた。 こんな人間なので、特定のテキストに対する執着というのはあまりない。 自分がとことん使いたおしたテキストに対する愛着があるのみだ。

  今、私は自分でも訳がわからないほど数多くのテキストを持っている。 スペインで買った美しいカラー印刷のテキストもいっぱいある。 でも、これだけ数があると、どのテキストのどこにあの話が書いてあった、ということをだんだん思い出せなくなってくる。 いかんなぁ。

  スペインの初等教育のテキストがどんなものなのか知りたければ、新学年の始まる9月に、例えばデパートの書籍売り場に行ってみるといい。 スペインでは、学校から配布されたリストをもとに親は子供の授業に必要なテキストを本屋で買わねばならないのだ。 各課程別に分類されたテキストのコーナーにはリストを片手にテキストを懸命に探している母親らしき女性の姿が見られるだろう。

  初等教育用のテキストはどの教科のもカラーのイラストが豊富だ。 だけど、初等教育第一課程のテキストを見ると、問題の指示の文章に命令形や接続法現在の動詞が使われている。 比較構文や関係節もある。 そのくせ、要求しているのは単語のアルファベットの穴埋めだったり綴りの模写だったりするのだ。 この落差には呆然としてしまう。 スペイン語を母国語として習得し、のちに文法を教えこまれる子供たちにはこんなテキストでも問題がないのだろう。 ある言語を母国語として習うことと外国語として習うこととではやはり習得のプロセスに根本的な違いが存在することを今更ながらに実感する。 ということで、ネイティブ用のテキストは、外国語としてスペイン語を学ぶ私たちに言語教育について多くのことを示唆してくれるが、スペインで発行されているテキストを学習用として買うならば、やはり外国人向けに書かれたテキストを選ぶべきだろう。 スペインは昔から自国の言語をよその世界に広めることにこの上なく熱心な国なので、選択の余地はかなりある。どれがおすすめかって。 あらら、まだ私に聞くんですか。

   Carmen

 

0. はじめに 

1. スペイン語圏

2. 辞書の話

3. 外来語あれこれ

4. スペイン語のテキスト

5. 性をめぐる話

6. スペイン語の映画

7. 動詞の森にご案内

8. もう一度やりなおしたい

9. セニョリータとお嬢様

  トップに戻る

 

 

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2017@Spain all rights reserved.